読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関数のドキュメント

JavaにはJavadocという有名なドキュメントコメントがある。 (実践しているかどうかは別として)関数その他にドキュメントをつけるという考えは良いと思う。 ただ、Javadocの場合、名前の通り(一定の規約に従った)コメントを使って(関数その他の)文書化を行っ…

一文字マクロ文字

パターンマッチがある関数型言語でよく見かける_変数*1をsbclでも使えないかと少し試してみた。 結局満足出来る結果は得られなかったが、作成したものの一部をメモして残しておく。 ;; 以下は、マクロ文字候補文字xが ;; シンボル名の一部として解釈できない…

eLisp : Embedded Lisp

Railsをやったことがある人ならお馴染みのeRuby(もどき)を、common lispで実装してみた。 所要時間およそ90分、行数はコメント込みで70行足らずという簡単なもの。 文法 eRubyの文法は次のように紹介されている(Wikipediaで)。 HTMLファイルの中に (もしく…

デバッグプリント補助マクロ

僕が行うデバッグ(及びプログラムの動作確認)のほとんどは、プリントデバッグだ。 common lispのprint系の出力関数は、引数の値を出力した後(?)そのまま返してくれるので、ある式の値を手軽に知りたいときは、その式を(print exp)といったように出力関数で囲…

カリー化関数

ふと思い立って、カリー化を行う関数を書いてみた。 (defun curry (fn &rest args) (lambda (&rest rest-args) (apply fn (append args rest-args)))) ;;; > (curry #'cons :first) -->#<CLOSURE (LAMBDA (&REST REST-ARGS)) {B3BC96D}> > (funcall * :second) --> (:FIRST . :SECOND) カリー化関数は他の誰</closure>…

JSON組み込み

JSONのようにデータの記述だけからなる言語の場合、パーサさえ書いてしまえば、それをcommon lispに組み込むことは容易だ。例えば、『JSONデコード: トップダウン』で作成したJSONパーサを使った場合は、以下の4行だけで、common lispがJSONを解釈するように…

sql用リードマクロ-簡易クエリ

あまり好きなわけではないのだが、諸々の事情によりsql(特にmysql)を使わなければならないことが結構あるので、開発補助用のマクロを定義しておく。 (require :clsql) ;; DBに接続(DBの各種情報はハードコーディング) (defmacro with-db (&body body) `(clsq…

可変配列 - 微修正

可変配列マクロ(?)の最新版。 index部分もS式で指定可能に。ex. @array#(+ 1 1) エラーチェックとかが適当なのは、以前のものと同様。 ※ @array#(incf i)などのように式は、(incf i)が二度評価されてしまうので注意が必要 (defmacro assure-access (vector i…

可変配列

今試していることで可変の配列が使いたくなったので、用意。 ;; indexが(length vector)の範囲を越えている場合は、自動で配列を拡張 ;; vectorはsymbolである必要がある (defmacro assure-access (vector index) `(locally (declare ,@(if (symbolp index) …

文字列の別表記

プログラミング言語によっては、文字列を複数の方法で表記出来ることがある。 例えば、rubyの場合は以下の様に表記することが可能だ。 "文字列" '文字列' %Q{文字列} # その他にもあったように思うけど、使わないので不明。 対して、common lispの場合は、ダ…

lispでドット表記関数呼び出し

一般的なオブジェクト指向言語では、メソッドを、インスタンス(オブジェクト)とメソッドの間にドット(.)をつけた表記で呼び出せることが多い。 # メソッド呼び出し object.method # ドットを繋げて、複数のメソッド呼び出し object.methodA.methodB lispでコ…